人とコンピューターの関係性に革命を起こす音声アシスタント

ผู้ช่วยสั่งด้วยเสียง

音声アシスタントの誕生は1960年代初頭に遡ります。最初の音声アシスタントはIBMのShoeboxで、16の単語と9つの数字を認識できました。以降、音声アシスタントは「初期」「前近代期」「近代期」「スマートスピーカー革命期」の4つの時代を経て進化してきました。

「近代期」は、多くの人に利用される最初の音声アシスタントSiriの登場によって始まりました。Google Now やMicrosoftのCortanaが後に続きましたが、2014年にはアマゾンがスマートスピーカー革命の先駆けとなるアレクサを発表しました。このスマートスピーカー革命は音声テクノロジーへの考えを一変させ、今や音声アシスタントは生活のあらゆる場面に溶け込んでいます。

Alexa Echo Dot
Photo by Andres Urena

音声アシスタントは自然言語処理(NLP)と人工知能(AI)を活用しています。音声コマンドに対応し、ユーザーへの情報提供やタスクの実行、デバイスの操作ができるよう設計されています。また音声アシスタントによって、自然言語理解(NLU)が飛躍的に発展しました。異なるアクセントや方言、異なる言語すらも認識できるため、音声アシスタントは世界中で利用されています。この発展によりテクノロジーへのアクセスが広がり、特に文字を打ったり読んだりすることが難しい人が、より簡単にアクセスできるようになりました。

ある意味、音声アシスタントは人間とコンピューターの関係性を一新させ、生活、仕事、デジタル機器とのコミュニケーションのあり方を大きく変えました。便利さ、アクセシビリティ、インクルーシブ性を兼ね備えた一方で、プライバシーや信用性、依存性に関する問題があるのも確かです。顧客サービスや業務アプリケーションで音声アシスタントが使用される場面が増えてきています。多くの企業がAIを活用したバーチャルアシスタントを使って、自動顧客サポートやよくある質問への回答、オンラインショッピングのアシスタントまで行っています。

Aiello Voice Assistant (AVA)は、自然言語処理と機械学習を活用し、ユーザー体験を向上させ、タスクを簡易化する音声AIソリューションの一つ。ホテル業界を対象に作られており、音声と機械学習をベースとしたNLP技術を使用して、ゲストとの新しいコミュニケーションとサービス強化を実現します。データ駆動型のバックエンド・サービスにより、ホテルがゲストをより深く理解し、業務を合理化するための貴重なインサイトを提供します。

AVAの技術は、革新的な複数インテントNLU(自然言語理解)およびNLUディープラーニング・フレームワークに基づく次世代のAIモデルです。これには、リアルタイムの音声分析およびノイズ除去も含まれています。Aielloは、すべての業界パートナーが独自のAIモデルを活性化できるよう知識グラフデータベース(GBD)も作成しました。

ホテルの生産性向上、コスト削減、人手不足問題への対応に役立つソリューションとして、ホスピタリティ業界でAVAが頭角を現しました。

ゲスト体験を向上させる

AVA はシームレスでパーソナライズされた体験をゲストに提供するように設計されました。音声で指示するだけで、部屋の温度や照明、アメニティの操作や、ルームサービスの注文、施設サービスや現地のおすすめスポットの情報を得ることができます。便利で楽しい体験をゲストに提供することで、より高い満足度とロイヤリティに繋がります。

業務の合理化

AVAはルーチンタスクを自動化する事で、ホテルの業務合理化を促進します。ルーチンタスクとは、例えばルームサービスの注文や、モーニングコール、ハウスキーピングのリクエストなどです。これにより、ゲストひとりひとりに寄り添ったサービス提供のような、より重要なタスクにスタッフが集中できるようになります。またAVAはゲストの行動や好みに関する貴重なインサイトを提供します。ホテル側はオペレーションを最適化し、サービスを向上させることができます。

コスト削減

AVA はルーチンタスクの自動化とスタッフの必要性を減らすことで、ホテルのコスト削減に役立ちます。これにより、人手不足に対処し、人件費削減にも貢献。さらにゲストの好みに基づいて客室の温度や照明を最適化することで、電気代を削減するのにも有用です。

アクセシビリティの強化

どなたにも利用しやすいホテル作りをAVAがお手伝いします。身体的または視覚的な障害を持つゲストが、音声での指示のみでアメニティの操作やスタッフへお手伝いのリクエストを送ることができます。これにより、すべてのお客様を歓迎する環境が生まれます。

音声アシスタント

ルーチンタスクの自動化、ゲストの行動と好みに関するインサイトの提供、アクセシビリティの向上を通して、自然言語処理と機械学習の限界を押し広げ、ユーザー体験向上と業務合理化を叶えるAVAは、理想的な音声AIソリューションだと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.