次世代のホスピタリティ・観光を支える5つのトレンド

Future of Hospitality and Tourism

ホスピタリティ・観光産業は、旅行と観光に直接的または間接的に関わる全ての経済活動分野に及びます。常に進化を続けており、毎年新しいトレンドが生まれています。

こちらの記事では、次世代のホスピタリティ・観光業界を支える5つのトレンドを予測します。テックトレンドの詳細が気になる方は、2024年ホスピタリティ業界を決定づける7つのテクノロジートレンドをご覧ください。

消費パターンの変化

影響: ホスピタリティ・旅行サービスの消費方法は変化しています。サステナブルや社会的責任を重視する傾向と相まって、没入型・体験型が人気となってきています。また、オンライン予約サイトやP2Pサービスが、消費者とホスピタリティ・観光産業との関係に影響を与えています。

課題: 事業者は、変化する消費者行動に合わせる必要があります。ユニークで個人に合った体験の提供や、サステナブルな取り組みを実践、デジタルプラットフォームを活用してターゲット層に効果的にアピールすることが必要です。

顧客プロフィールの変化

影響: ホスピタリティ・観光産業においても、顧客の属性や好みが変化しています。消費者層はミレニアル世代やZ世代などの若い世代が主流となっていて、ユニークで個人に合った体験を求めています。そのため、テクノロジーとの融合、体験型サービスの提供、サービスが持つ社会的責任を重視することが必要です。

課題: 変化する顧客ベースの多様なニーズや期待に答えるために、事業者はマーケティング戦略、サービスの提供、そして全体的なアプローチを、異なる年齢層、文化的背景、嗜好に対応するよう適応させる必要があります。

観光を支える5つのトレンド: Unique and personalized experiences
Source: Unsplash

ブランド・ロイヤリティの低下

影響: 消費者が多くの選択肢を持つようになり、「色々試してみよう」というスタイルになったため、従来のブランド・ロイヤリティは低下しています。また、ネット上でのレビューやおすすめの増加は、消費者の選択に大きな影響を与えています。多くの場合、消費者はコストパフォーマンスとサービスの質に左右されるため、ブランド・ロイヤリティの低下につながると考えます。

課題: ホスピタリティ・観光事業は、競争が激化する中で顧客を惹きつけ離さないために、一貫した高クオリティのサービス、思い出づくり、ネット上での評判を良いものにすることが必要です。

休暇中に仕事をするテレワーカー特有の要件に対応することで、ホテルはブランド・ロイヤリティを向上させることができます。こちらでは、ホテルでのリモートワークに必要なツールをご紹介しています。

高まる環境への関心

影響: 環境問題の認識が高まり、ホスピタリティ・観光産業の消費者もエコでサステナブルであることをより重視するように。二酸化炭素の排出や廃棄物問題など旅行関連の活動が環境へ与える影響に、旅行客は大きな関心を集めています。

課題: 環境意識の高い消費者の期待に応えるため、事業者はサステナブルな取り組みを実践し、環境に優しい技術を採用し、環境責任への積極的な姿勢を伝える必要があります。

進むデジタル化

影響: DX(デジタルトランスフォーメーション)は、顧客が旅行のアイディアを見つけて計画し体験する方法を再構築しています。オンライン予約サイト、携帯アプリ、SNSは旅行における様々な要素の決定に影響しています。また、テクノロジーはカスタマーエクスペリエンスを向上させるために使われています。例えば、非対面でのチェックインやバーチャルツアー、顧客の好みに合わせたおすすめ機能などが挙げられます。

課題:事業者は、急速に進化するデジタルトレンドに対応し、シームレスなオンライン体験を確保、テクノロジーを活用して顧客満足度を高めることが求められます。そのためには、テクノロジーとスタッフのトレーニングへの継続的な投資が必要です。

JP Banner 2

変わり続けるホスピタリティ・観光産業

ホスピタリティ・観光産業は、顧客プロフィールの変化、消費パターンの変化、ブランド・ロイヤリティの低下、環境への関心、高まるデジタル技術の影響力によって形作られたダイナミックな状況にあります。これらのトレンドに合わせながら、関連する課題に対処することは、事業が競争力を維持し、旅行客の日々進化する期待に応えるために重要です

Leave a Reply

Your email address will not be published.