Aiello Voice Assistant に使われている技術とは? 

Technology Behind Aiello Voice Assistant

生成AIを使用すると、まるで魔法のようだと思ったことはありませんか?何か入力すれば数秒のうちに求めていた通りの出力が出てきます。あまりにもシームレスに動作するため、このテクノロジーがどういう仕組みなのか、わざわざ調べる人は少ないのではないでしょうか? 

ですが、基礎となるテクノロジーを理解することにはメリットがあります。Aiello Voice Assistant(AVA)のような対ゲストテクノロジーによって革新が進むホスピタリティ業界では、そのメリットはよりはっきりとしたものになります。

自然言語処理(NLP)のようなコアテクノロジーのニュアンスを理解することは、単に教養のためというだけではありません。ホテルのオーナーやスタッフにとって、AVAのようなソリューションがゲストとどのように会話し、多様なユースケースでゲストに上手く対応できるかを理解する一助となります。

ホスピタリティと完璧に調和する 

Voice-enabled tech aligns perfectly with hospitality.
Source: Pexels

今や多くの人が音声対応デバイスの使いこなしています。運転中 Siriに話しかけて情報を調べたり、アレクサに話しかけて何かアプリを起動させたりしたことはありませんか? 

今や多くの人が音声対応デバイスの使いこなしています。運転中 Siriに話しかけて情報を調べたり、アレクサに話しかけて何かアプリを起動させたりしたことはありませんか? 

ホスピタリティ業界が音声対応デバイスを導入していないため、ゲストは文字通り両手を縛られ、ユーザーエクスペリエンスが低下します。ホテルに到着したばかりのゲストは荷物を運んでいるかもしれないし、空腹のゲストは夕食前に着替えているかもしれません。このような時に手作業を求めるのは、卓越したユーザーエクスペリエンスを誇るべきビジネスにはふさわしくありません。 

Aiello Voice Assistantのソフトウェアと組み合わせることで、音声対応デバイスはゲストの体験を一変させます。ロビーのキオスクに話しかけるだけでチェックインができ、客室で他のことをしながらルームサービスを注文できます。また、AVAはノイズ除去機能を搭載しているため、周囲の雑音の中でも完璧に音声コマンドを理解することができます。 

この技術は、ゲストが最も優先するもの、つまり利便性を提供します。

優秀さは本物 

Voice-enabled technology is truly smart.
Source: Pexels

アップル社のSiriによって音声対応デバイスが初めて世間に認知されたとき、このテクノロジーが完璧だったわけではありません。実際多くのSiriユーザーが、デバイスが音声入力を誤解しているスクリーンショットを投稿し、笑いのネタとなることもよくありました。 

その後、NLPの進歩により、音声対応技術は飛躍的に進歩しました。AVAはこの技術をさらに発展させ、複数インテント自然言語理解(NLU)とNLUディープラーニングフレームワークを採用しています。例えば、ユーザーが周辺のおすすめの中華料理店を質問すると、AVAのテクノロジーはリアルタイムで音声分析を行います。 

質問はホテルのナレッジグラフ・データベース(GDB)に照合されます。GDBはホテルのためにカスタマイズされ、ホテルビジネス、ホテルブランド、ホテル業界に特化しています。GDBのおかげでAVAは優秀な回答ができるのです。例えば、中華料理店を尋ねたゲストには、全国のレストランをおすすめするのではなく、ホテルから適度な距離にあるレストランだけをおすすめします。 

このレベルの優秀さは、私たちからすれば当然に見えるかもしれませんが(人からアクセスしにくいレストランを勧められることはあまりないですよね)、このように文脈を理解することで、ゲストエクスペリエンスを大きく向上させることができます。間違って認識された質問内容を明確にしたり、簡単な質問を何度も聞いたりすることから生まれるフラストレーションではなく、AVAは時間をプレゼントします。: ユーザーは必要なものをすぐに得ることができるからです。 

統合され、つながっている 

Voice-enabled technology is integrated and connected.
Source: Pexels

カスタマーセンターあるあるの一つにこんなものがあります:カスタマーセンターに電話すると、何度も同じことを言わないといけない。イライラが募るこのような場面でも、Aiello Voice Assistant があれば問題解決です。AVAには強力な会話管理システムが搭載されており、ゲストの好みなどの重要な情報を記録に残します。例えばゲストが特定のアレルギーについて話した場合、顧客管理システム(CMS)が厨房に伝達し、一回目の注文だけでなく、その後提供される全ての食事で対応が可能です。

AVAが特に強いのは、ゲストにすべてのリクエストのための単一のハブを提供することです。例えば、ゲストがさまざまな情報を検索できるデジタル・ハードウェアを提供しているホテルがあるかもしれません。しかし、実際にリクエストするには、電話するかレセプションに行く必要があります。 

一方AVAがあればこのようなことは起きません。 Aielloのタスク管理システム(TMS Pro)と統合されているからです。ホテルの各部門がタスク管理にTMS Proを使用していれば、AVAを通したリクエストはすべてTMS Proを通じて直接担当部門に送信され、迅速に処理されます。つまり、情報クリアリングハウスやホテルの一般的なインフォメーションブックのデジタル版とAVAは全く違うということです。 

ゲスト中心の技術

生成AIは多くの分野で革命をもたらしていますが、ホスピタリティ業界も例外ではありません。Aiello Voice Assistantのような対ゲストソリューションは、自然言語処理、ノイズ除去、ディープラーニング、リアルタイム音声分析、会話管理などのイノベーションを提供し、まさに最先端を走る技術といえます。 

これらの技術のひとつひとつがすでに素晴らしいものですが、それらを合わせることで個々をはるかに上回ります。ホテルのゲストは各自のニーズや要望にぴったり合った製品を手に入れることができるのです。宿泊客はどんなことでも問い合わせることができ、AVAは、お付きのデジタルバトラーのように、正確かつ効率的に対応し、リクエストへの対応をホテルの各部門へ促します。旅行者にとって、AVAはまさに夢のようなサービスです。今までとはレベルの違う、リラックスした旅を楽しむことができます。 

JP Banner 5

Leave a Reply

Your email address will not be published.