Aiello TMS Proによるタスク自動化:より価値の高い仕事の可能性を最大限に引き出す

task automation with aiello tms pro

企業は自社の製品やサービスの利点を説明するとき、よく「時間を節約できる」という言葉を使います。ほとんどの企業は作業の工数を減らしたいはずだと考えているからです。

しかし、その結果従業員がぼーっとしたり、さらには噂話や副業など、職場で好ましくない行動をとったりする可能性が出てきます。そうなってしまえば、時間を節約しても何の意味もありません。企業は、自社の製品やサービスから得られる時間で、スタッフがいかに、より価値の高い仕事に力を注げるかを示す必要があるのです。

Aiello TMS Proを使えば、より効率的なタスクの作成と自動化、リアルタイムの作業ステータス更新、オペレーションデータ、その他機能により、何百時間もの工数を削減することができます。本記事では、より価値の高い仕事の可能性を最大限に引き出すために、ホテルが集中的に取り組むべき3つの主要分野をご紹介します。

ゲストの喜び

delight the customer
Source: Pexels

Aiello TMS Proの機能により、ホテルは日常業務の時間を節約できるようになります。例えば、ゲストがリネンの追加をリクエストした場合、ホテルのマネージャーはスタッフにタスクを割り当て、作業状況をチェックし、必要に応じてエスカレーションすることができます。販売代理店が会議会場をよく利用するといった定期的なイベントに関する情報をもとに、ワークフローをカスタマイズし、タスクに必要な手順をテンプレートとして保存することもできます。

ホテルが見落としがちなのは、タスク管理システムが、必要なタスクやゲスト主導のタスクだけでなく、職務以上のタスクにも役立つということです。例えば、ホテルのマネージャーはコンシェルジュを指名し、ゲストの客室の無料アップグレードを通知したり、ウェルカムバスケットのフルーツを届けたり、ホテルのスパへの無料チケットを提供したりすることができます。

これらの仕事は、ホテルがおもてなしに積極的なブランドであり、ホスピタリティの面で先を読んでいることを示すため、ゲストに喜んでいただけるでしょう。ゲストは、このような特別なサービスやもてなしを期待していなかったので、これらは嬉しい驚きとなり、ゲストが特定のホテルやチェーン店に何度も足を運ぶきっかけとなります。

トレンドを取り入れる

ライフスタイルビジネスであるホテルは、同じビジネスの他の組織と同様、トレンドに左右されます。ほとんどのホテル経営者はこの事実を理解していますが、対応が後手後手になってしまいます。例えば、ライバルのホテルが新しいアメニティを追加したと聞きつけると、ホテル経営陣もそれを検討するようになります。しかし、 そのようなホテルは常に一歩遅れ、負け戦になってしまいます。

AielloTMS Proは、このパラダイムを変えることができます。個々のスタッフ、ホテルの各部門、そして全体的なパフォーマンスに関する、これまでにないレベルのデータを提供することで、ホテルはこれらの情報を手作業で収集、整理、保存する手間を省くことができます。さらに、ホテルはこの情報を使って、次にどのようなトレンドが現れるかを予測することができます。

charging stations for electric vehicles
Source: Pexels

例えば、ホテルに電気自動車用の充電ステーションがあるかどうかの問い合わせが定期的にあれば、駐車場にいくつか設置することを検討できます。プロポーズを手伝ってほしいという問い合わせが定期的にあれば、特別なプランを用意することで、より多くの利益につながり、SNS映えするサービスをホテルのブランディングの前面に押し出すことができます。

このようなホスピタリティのトレンドを取り入れることは、どんなにありふれたことであっても、信頼できる先進的なブランドとしてゲストの間で広く知られるホテルになれます。

評価管理

delivered as promised
Source: Pexels

メッセージアプリやトランシーバー、ペンと紙といったアナログなタスク管理システムでホテルを管理するのは難しいです。スタッフはトップダウンで指示を受けることに慣れてしまい、タスクが割り当てられるまで行動を起こさないようになってしまいます。

食べ残しのトレイが廊下に置かれていたり、ロビーの汚れが掃除されずに放置されていたり、サービスマンが休憩している間にアメニティに長蛇の列ができていたりといった状態が続くと、ホテルの評判は落ちてしまいます。

Aiello TMS Proはここでもお役に立ちます!
スタッフはマネージャーからタスクが割り当てられるのを待つのではなく、自らタスクを作成することができるため、ホテルの評判に悪影響を及ぼす可能性のある問題を、より積極的に解決することができるようになります。このボトムアップの取り組みは、ホテルの評価管理に直結します。

ホテルの経営陣は、正式なトレーニングを通じて、この積極的な問題解決を強化することができます。ホテルのブランディングは受動的なものではなく、施設の維持管理、サービスの提供、ゲストへの対応を通じて積極的に形成されるものであると意識でき、スタッフはホテルの評判を自分事のように考え行動できるようになるでしょう。

ギャップを埋める

ホテルは、タスクのやり取りなどの管理業務にかかる時間を節約し、より価値の高い業務に集中できるようにすることを目指すべきです。

Aiello TMS Proを使えば、まさにこの目標を達成することができます。ゲストの潜在的なニーズや欲求を予測することでゲストを楽しませ、データから浮かび上がるトレンドに対応し、さらには積極的な問題解決を通じてホテルの評判を高めることができます。つまり、ホテルはAiello TMS Proによって、スタッフの潜在能力を最大限に引き出すことができるのです。スタッフは、ゲストに最高のサービスを提供するための仕事に集中することができます。

JP Banner 1

Leave a Reply

Your email address will not be published.