気にニュース速報: ホテルとテクノロジー

気になるニュース速報: ホテルとテクノロジー

韓国・旧正月連休「ホカンス」主流…短い連休に国内外ホテル人気

韓国で旧正月連休期間(2月9~12日)、海外だけでなく国内旅行需要も増加したことがわかった。短い連休だが、祭祀の代わりに家族と一緒に旅行を楽しむための需要が増えたことによるものと分析される。

記事全文を見る


英IHG、大阪にホテル3軒開業 「数年で国内倍増」CEO

英IHGホテルズ&リゾーツは19日、大阪市に3軒のホテルを開業すると発表した。いずれも中価格帯ブランド「Garner(ガーナー)」で日本では初めて。2025年国際博覧会(大阪・関西万博)に合わせ訪日客需要を取り込む。同社のエリー・マルーフ最高経営責任者(CEO)は今後数年で国内のホテル数を倍増させる方針も明らかにした。

記事全文を見る


業界の人材不足などで議論、震災復興サポート策も-観光立国推進協議会

観光業界を中心とした企業トップ100名からなる「観光立国推進協議会」は1月16日、第10回観光立国推進協議会を都内で開催した。今回は旅行、宿泊、交通、飲食などを中心とした企業の委員・代理人が78名参加。「観光の価値向上と持続可能な観光産業に向けて」をテーマに8つの課題を議論した。内容は今後取りまとめ、国土交通大臣に提言として提出する。

記事全文を見る


mobile phone 5836879 1280

観光産業の春闘2024、魅力ある産業となる正念場、賃上げ要求水準「5%」、労働環境の改善も -サービス連合

サービス・ツーリズム産業労働組合連合会(サービス連合)は、2024年の春季生活闘争(春闘)で、5%の賃金改善を要求に掲げる方針を示した。人事賃金制度のある加盟組合は、定期昇給(定昇)分で2%、実質的な賃金改善(ベースアップ)で3.0%を目指す。

記事全文を見る


ニューヨーク市への海外旅行者数、2023年は15%増の1080万人、2019年比レベルにあと一歩

ニューヨーク市観光会議局によると、2023年のニューヨーク市への旅行者数が6180万人に達する見込みだ。2019年比では93%まで回復することになる。このうち、国内旅行者は前年比7.9%増の5110万人。海外旅行者数は同14.9%増の1080万人

記事全文を見る

Leave a Reply

Your email address will not be published.