桃園の秉坤婦幼医院が医療分野で初めてAielloのAI音声アシスタントを導入しました

桃園の秉坤婦幼医院が医療分野で初めてAielloのAI音声アシスタントを導入しました
桃園の秉坤婦幼医院が医療分野で初めてAiello音声AIアシスタントを導入しました, via www.binkun.com.tw

AI主導の病院運営の新たな形が誕生しました!ホスピタリティ業界での音声A Iの活用

テクノロジーによるD Xを実現してきたAielloが、この度医療業界に参入しました。Aielloは、ホスピタリティ業界で学んだノウハウを他業界に応用していく準備を着々と進めています。Aielloは音声AIこそが、ホスピタリティ業界と医療業界に顕在するあらゆる鍵であると考えます。

    • 医療施設にもホテルと同様、長期間滞在(療養)する人がいる
    • どちらの業界もカスタマーサービスに重きを置いている 
    • 人手不足やデジタル技術、顧客(患者)に関するデータ、プロセスの自動化など、共通の課題が多く存在する  

 

音声AIテクノロジーを採用することで、企業はより顧客中心のサービスを提供でき、顧客満足度を高めることで、スタッフへの負担も軽減することができます。医療業界に参入すると言うことは、新たに患者の健康という側面にも焦点を当てていく必要があります。

秉坤とAielloによるイノベーションで医療業界に変化をもたらすという共通目標により、今回初めてAielloのAI音声アシスタントのホテル業界以外での導入が実現いたしました。 

記事の要点

秉坤医院について

桃園秉坤婦幼医院は1月1日に開業した医療機関で、小児科としてだけでなく、産後を含む女性のあらゆるライフステージにおける健康をケアすることを目的とした病院です。特に独自の新たな技術による妊婦や新生児の治療、ケアに対して素晴らしい評価を得ています。 

新たに新設された産後ケアセンターは、最先端の医療技術を取り入れているだけでなく、館内の高級感あるインテリアにも力を入れており、病室には大きな窓から臨める絶景やそこから差し込む自然光の効果も相まって、患者が快適に入院生活を送れるあらゆる工夫がなされています。そこに今回Aielloの音声AIアシスタントを設置することで、患者がさらに快適な入院生活を送ることができるようになりました。

音声AIの医療分野への応用

産後ケアにおいては出産を終えた患者に寄り添ったサービスを行うことが重要で、安全に子育てをサポートできる環境を提供することは何よりも大切なことです。Aielloはこのような環境づくりによって、患者が産後すぐに子育てに取り掛かることができるということを理解していて、そこにこそAI技術が介入する余地があると考えます。現在秉坤医院では54室にAiello音声アシスタントが設置されており、快適な入院生活のために大きな役割を担っています。

桃園の秉坤婦幼医院が医療分野で初めてAielloのAI音声アシスタントを導入しました
医療業界に参入すると言うことは、新たに患者の健康という側面にも焦点を当てていく必要があります (Image via Binkun)

Aiello音声アシスタントの3つのポイント

患者の入院生活を豊かに 

Aielloアシスタントは患者とスタッフの間にシームレスな音声コミュニケーションをもたらします。患者は音声アシスタントを利用することで看護師と連絡を取れるだけでなく、食べ物の注文、音楽の再生やテレビの操作などを行うことができます。また、病院側は患者の様々なリクエストをオンラインで受信し、クラウドベースのタスクマネジメントプラットフォームにて確認することができます。

 

こういったAielloアシスタント特有の機能を使って患者とのコミュニケーションを図ることによって病院運営が円滑化され、患者が快適な入院生活を送ることができるだけでなく、患者が何を求めているのかをデータによって正確に把握することができます。具体的には産後枕や柔らかいマットレスの要望、回診の日程調整などスタッフはあらゆる情報に常時アクセスすることができます。

 

ホテル運営を円滑に

医療スタッフは常に患者の健康生活に注意して業務にあたります。Aiello音声アシスタントは音声&タッチ操作で、患者とスタッフの半直接的なコミュニケーションを実現します。さらに重要なお知らせやホテル側からのメッセージをデバイス上に送信、表示することができます。我々の目的はホテルの運営や患者とのコミュニケーションを円滑化して、医療スタッフや看護師の負担が軽減されることで、患者と関わる時間を捻出することです。 

 

人手不足を手助け

Accenture reports の報告によると、医者不足の問題は後10年で倍増 

病院経営において、ホスピタリティ業界と同じように、患者、つまりはゲストの病院での滞在をより快適なものにしていく努力が非常に重要です。また、人手不足の問題にコミットしていかなければならないという点でも、この二つの業界が類似していると言えます。そこで必要となってくるのが、プロセスを自動化することのできる音声AIのようなテクノロジーソリューションです。Aiello音声アシスタントならば、反復性の高いタスクや患者とのコミュニケーションを、AIを介してこなしてしていくことが可能です。さらに、患者に24時間対応のA Iアシスタントを提供することで、医療スタッフや看護師の負担を軽減することができます。

桃園の秉坤婦幼医院が医療分野で初めてAielloのAI音声アシスタントを導入しました
秉坤とAielloによるイノベーションで医療業界に変化をもたらすという共通目標により、今回初めてAiello音声AIアシスタントのホテル業界以外での導入が実現いたしました, via www.binkun.com.tw

音声AIによる未来のビジネスの形  

会話型AI技術は、ホスピタリティや医療、金融業界などの労働集約型産業において大きなニーズがあります。このソリューションによってビジネスの効率化を図ることができるだけでなく、データ集積及び解析によって顧客のニーズや考えを理解し、更なるビジネスの可能性を模索することもできます。Aielloは音声AI技術によってサービスビジネスの未来に形を創造し続けます。 

Aielloは音声AIでビジネスのポテンシャルを最大限に引き出すお手伝いをいたします。我々のこれまでの歩みはこちらをフォローしてご覧ください。我々の音声AIによるDXソリューションについてさらに詳しく知りたい場合はenquiry@aiello.ai.までメールでお問い合わせください。Aielloがあなたのビジネスをサポートいたします。

デモを予約

Aielloの製品やサービスプランについてもっと知りたい場合はお問い合わせください